« どこに票を入れたらいいかわからないあなたへ。 | トップページ | 365日投票しているわたしたち »

2012年12月15日 (土)

おもいの振動

483566_379061675518941_1827679090_n

ユーストで演説を連日見て突きうごかされるように演説最終日の今日、
高円寺にかけつけた。

どんなふうに表現しどんな人が集まっているのか知りたくて。

少しのつもりが楽しくて最後まで3時間いた。およそ3時間。

聴衆の大半が若者だった。
おおむね政治に興味のないといわれる若者たち。
(京都からは二十歳そこそこの大学生が、山本太郎の立候補会見をネットでみて
いてもたってもいられず大学ほうりだして寝袋もってボランティアにかけつけた、
いままで選挙も行ったこともなかったという。)

このことひとつとっても山本太郎のとった今回のアクションは
社会にとって大きな異議がある。

なによりも良かったのは、音楽だ。

一流のミュージシャンたちが言葉を自在に操り、
音をライブ空間にのせて聴衆に世界に向けて発信していた。

三宅洋平の言葉、哲学、主張、すばらしかった。
『beet、 beは今いる itはここに。
僕たちは何もできないけど、ここにいることくらいできる。

ここにいる山本太郎も僕もみんなひとりで孤独でこわいんだ。
みんなもひとりだろ。だからここにいて肩をゆすって手をたたく、
それだけでどんなにか励まされるんだよ。
原発、TPP、憲法9条、あんたの話しだよ』。

いや〜リリックも音も、しびれるぐらい格好よくて
久しぶりに縦揺れ横揺れではしゃいだわ〜。

やっぱ音楽の力ってすごい!
魂がうずき、一瞬にして細胞が高鳴る。


最後に福島から戻ったばかりの作家の広瀬隆さんが、
メデイアがとりあげていない恐ろしい事実を伝えてくれた。

昨日からIAEA(国際原子力機関=原子力推進機関)の
会議が福島の郡山市ではじまっこと。

この国は福島県民を見殺しにする気でいる。
そのことをテレビ、新聞は一切報道していない。

原子力の恐ろしさを何十年も前から訴えていた広瀬さんの、
IAEAのこと、これを食い止めるのは私たち国民しかいない
という力強い演説に若者たちが固唾をのんで聴きいいっていた。

若者で会場を埋め尽くす、こんな選挙演説の光景を観た事があるだろうか。


行ってよかった。選挙の結果がどうであれ、それは最終目的ではない。

今回の衆院選で生まれた人々の思いの振動、
エネルギー、それがにわかに世の中にひろがっていけばいい。

この火種を絶やさない事こそが何より大切なことだ。

|

« どこに票を入れたらいいかわからないあなたへ。 | トップページ | 365日投票しているわたしたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どこに票を入れたらいいかわからないあなたへ。 | トップページ | 365日投票しているわたしたち »