« ポタジエのケーキ | トップページ | ミツバチ2日目 »

2013年5月 7日 (火)

ミツバチきたる

Sh3f01130001Sh3f01060001Sh3f01150001

岐阜を代表する飲食店、ミツバチ食堂(岐阜県 柳ケ瀬)
どらやきなどやさしい和菓子を売るツバメヤの
オーナーの岡田さんは、めちゃ研究熱心。
時々、飲食店を食べ歩き勉強のために上京される。

そこで岡田さんは初に、私は10年ぶりに行きたかった
西荻窪の『たべごと屋 のらぼう』に。

素材選び、味付けはもちろんのこと、
10年前もめちゃうまかったけど
どんどんグレードアップされ
器、盛りつけ、すべてが満足、
どの席を、どの料理をとっても絵になるしつらえだった。

やっぱのらぼうはめちゃうま!ということを
再確認し、二人とも、心もお腹も満たされた幸福感を
たずさえて〜、夜半の中央線に乗りこみ、別れたのだった〜。


Sh3f01180001

のらぼうのオーナー牧夫さんと話す岡田さん。

---------------------------------------------------

1_2

矢田食堂オープン@ミツバチ食堂

【会期】
2013年4月2日(火)~5月19日(金)月曜日定休


【時間】
11:00~20:00(日曜日は18時でクローズ、
テイクアウトは朝9時からオープン)

【場所】
ミツバチ食堂(岐阜県 柳ケ瀬)
〒500-8876  岐阜県岐阜市日ノ出町2-5/電話 058(266) 5004

【内容】
かつては日本一有名だった岐阜の商店街
やながせを若者たちが新たに面白く盛り上げ
次世代につなごうと、『ハロー!やながせ』
プロジェクトが2013年発足した。
その記念第一回イベントとして
そちらの顔でもあるミツバチ食堂さん(イベント会場)で
私も食とイラストをからめてさせていただいています。

三重県の実家の旬の海産物(あさり、小女子)とともに
私が考がえたメニューをお出しする期間限定の
「海と大地のごはん(矢田食堂)」+イラスト展示+トーク。
近著「いのちをつなぐ海のものがたり」の他、
4月から連載させていただいている三重県津市の
人気小冊子カラスもお取り扱いします。

|

« ポタジエのケーキ | トップページ | ミツバチ2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポタジエのケーキ | トップページ | ミツバチ2日目 »