« キリストは | トップページ | 虹の戦士のイズムは拡大し浸透し続ける »

2013年7月19日 (金)

いのちの記憶

われわれは武器を持たない、と、
世界に宣言してきた、我が国の先祖の命と引き換えにつくられた
憲法九条がとうとう改正されようとしている。

安部首相は、憲法9条を改正しようと宣言した。


まことしやかにささやかれてきて約10年。とうとうこの時がやってきた。

その勢いのまま私たちの憲法は書き換えられるのだろうか。
それが、明後日の選挙でほぼ決定してしまう。

明後日の選挙に行くのか、それとも戦争に行くか。

国会で意見を通す為に大きい政党、
やっぱ共産党に一票を、、とも悩む。

しかし、こんな時代の今だからこそ
こういう人を逆に国会に送り込んで化学変化を起こさせたい。


だって、こんなに魂(腹)の底から震える演説みたことない。
私のなかにあるいのちの記憶で、それが真実だからだ。

比例区 三宅洋平(緑の党)

三宅洋平@沖縄演説

三宅洋平@渋谷ハチ公前

Img_7619
奄美大島のさっちゃんちのトロ。
トロ〜、きいとるか〜?(なんでやねん)

|

« キリストは | トップページ | 虹の戦士のイズムは拡大し浸透し続ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キリストは | トップページ | 虹の戦士のイズムは拡大し浸透し続ける »