« もう夏〜? | トップページ | なんなんす? »

2014年6月 1日 (日)

ホンツヅキ@三重県津市

Img_1298Img_1299Img_1301Img_1303Img_1304Img_1308Img_1310Img_1312Img_1313Img_1316_2Img_1319Img_1321Img_1322


6/1からスータート、三重県発の人気小冊子『kalas』カラス
発行人、
西屋さんが発起人である古本市イベント、
『ホンツヅキ』の初日に行ってきた。

『ホンツヅキ』とは
ホン=本
ツ=津(三重県の津が基点)
ヅキ=月
の、ことばあそびで西屋さんによって命名されたようだ。

西屋真司さん×南陀楼 綾繁さん
×岐阜の古本屋の徒然舎さんのトークがお目当て。
御三方とも本を愛して止まない、本格派オタクばかりでよかったわー。
本をつくること、売ること、そこから街や人とつなぐことを
マイペースに真剣に楽しんでいるし。


三重県の津は、本を愛で、ちゃんと読む方が多いんですって。
津の書店の方も証言されているとか。
本を愛する人たちが集まり、このイベントを企てる人たちが
その様子を見守る。
古本屋がダンボール一箱分のスペースで古本を持ち寄って人と対面で
会話をつむんでいた。本がはどんどん売れていっていたようだ。

気温33度。炎天下の最中、サンチェのお洒落で美味しい
手つくり弁当も売られてたりと、
たくさんの人で賑わっていた。

私も本好きなんやよなー。ざらっとした本の質感、
めくるときに入って行く
世界観、1冊の中にこめられたデザインと活字の宇宙観...、たまらない。

本をツールに、この三重の津という街を基点に、
地域を盛り上げる西屋さん。格好良かった。

私もがんばろ〜!


古本を盛り上げるこちらのイベントは6/22まで。
会期内は楽しいイベントいろいろやっているみたい。
会場は三重県の四天王寺会館。
ここがまた、とんでもなくええんやわ〜。
三重県の津の魅力がつまった広場で文化発信の会館であ〜る。

こちらの空間を体感するだけでも足を運ぶ価値あり!
ぜひ!お立ちよりしてみてん(三重弁)。

ホシツヅキ
6/1〜6/22
三重県 四天王会館(三重県津市栄町1-888)

|

« もう夏〜? | トップページ | なんなんす? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう夏〜? | トップページ | なんなんす? »