« 本日17時08分〜蟹座の新月。 | トップページ | この国の憲法9条 »

2014年6月28日 (土)

大地のめぐみ

Img_1621_3

Img_1604_4

母の生き甲斐というか、一心同体作業は畑。
土を耕し、種を蒔き、作物の表情をみながら世話をするのが
昔から好きみたいだ。
稼ぐ為ではないが、家族が食べるためにこしらえてるのだから、
好きなんて流暢なことではないのだろうが、
私から視てると天才だ。

私のように緑や野菜を枯らさない。
加えて、どんな野菜も母の手にかかると美味しく育てられる。
うちのお米は、父と母の二人で作っているが
あらゆる無農薬栽培の、有機栽培で◯◯さんが作った
有名なお米を取り寄せしたというような方々からも、
こっち(除草剤一度だけ使用であとは完全無農薬で有機肥料使用)
のが旨い!、って感想を昔からよくいただく。

無農薬のが旨い!、有機栽培だから絶対美味しい!
ってことは、ないんよね。
作物は、作る人によるのだ。

海苔やひじきなどの海の養殖加工物もそう。
作る人によって味がかわる。

結局そこに関わる「人」なのだ。

そういう意味で、母親は、作物に対しての才人だと私は思う。
うちのお米を買ってくれた人に時々母が作った野菜をサービスで
入れると、旨い!、季節毎に分けて欲しいって、何人にも
言われる。

嬉しいかぎりなのだが、
お米と違って、家族が食べる分しかつくっていないから
分けて差し上げれないんよね。

でも、うちのお米を買っていただくと、
おまけで母の野菜が90%の確率でついてくるんですよ。
天候によってたまに野菜がならないときがあるから、その時は
海産物の干物などの加工物とか?になることも。。
野菜も干物なの加工物もない、ってことが10%の確率である。

って、この投稿が、野菜の話しからお米の営業話しにいったのは
一次産業である生産者を、伝達し営業していく
三次産業に従事している私の能力ゆえんの技に違いない。笑
いや、役割なんやわな。
いやいや、させていただいてるのやわな。
というわけで、矢田米(やだまい)、ぜひ、お試しあれ〜。


そもそもは、今日のブログは、このトマトと、
母が畑でつくったいんげんがうまかったのと
野菜の美しさに観とれ、アップしたのでした。

旨いいのちは、こうやって何もしないのが一番。
カケロマ島の荒塩をかけていただく。

今日も、いのちに感謝。


|

« 本日17時08分〜蟹座の新月。 | トップページ | この国の憲法9条 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日17時08分〜蟹座の新月。 | トップページ | この国の憲法9条 »