« のんびりと | トップページ | 酒粕の鍋と、伊勢湾奥のブランド天然穴子丼にてホリデ〜♪ »

2015年11月29日 (日)

仕事紹介20151129

Img_5679


Img_5678

渋谷、ヒカリエのd47 MUSEUMの
「文化誌が街の意識を変える展」
にも選ばれた、
全国にファンがいっぱいの、三重県の小冊子
カラス(kalas)の最新号(27号)が発売中です。


今回は、9月にレディオキューブFMの中でもご紹介した、
大阪から伊勢志摩の方の志島という島に、移住して
32歳で海女に転職された、かおりさんにスポットを当てた取材内容です。
かおりさんの人生を垣間見た感動を記しました。

Img_5675


『野菜を使いきる。』/伯母 直美 (著)/主婦と生活社 (2015/9/24)
主婦と生活社、通称 主婦せいの料理本はいつも綺麗。
写真も内容も時代とともに変化しています。
この中の重ね煮や細かな説明カットを少しだけ描かせていただきました。

Img_5676


『日本の漁港を訪ね地魚に唸る―漁師の活気と海の幸』
小西 康隆 (著)/東邦出版 ( 2015/3/21)

著者の小西 康隆さんは、ピチカートファイブの小西さんの
お兄さんだそうです。

東京の下北沢でクラブ?バー?、飲食店を営まれているとのこと。
小西 康隆さんの色感豊かな漁港の描写も満載です。

どれも、読み応えのある本です。
ぜひ、手にとられてみてください。

|

« のんびりと | トップページ | 酒粕の鍋と、伊勢湾奥のブランド天然穴子丼にてホリデ〜♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« のんびりと | トップページ | 酒粕の鍋と、伊勢湾奥のブランド天然穴子丼にてホリデ〜♪ »