« 岐阜の関市は、なんで鰻で有名なん? | トップページ | サライ(小学館)2017年9月号発売中です。 »

2017年8月11日 (金)

8月12日、薪火イタリアンEnzaグランドオープン!@柳ヶ瀬

Img_4101_2


Img_4102_2


Img_4110_2


Img_4113_2


Img_4117_2


Img_4118_2


Img_4123_2


Img_4127_2


Img_4128


Img_4139_2


Img_4179_2


Img_4182_2


20664722_1412163385542093_5669215_2


20727978_1412163328875432_566063275


Img_4182_3


Img_4214_2

昨日は、一足早く、柳ヶ瀬の薪火イタリアンEnza

レセプションパーティにお招きいただき、伺ってきました。


かつては銀座と並び、
日本を代表とする繁華街として名だたる岐阜の柳ヶ瀬。

その中に森林を携えた『ここは東京の青山か?』と錯覚させる
アーバンなレストランがぽつんと鎮座している。

こちら、ミツバチ食堂、ツバメヤ、ツバメヤ@大名古屋ビルディング、
松乃屋と、数々のオーナーをつとめられる岡田さや加氏の、
もう一つの表現の場。


この柳ヶ瀬という地に命を捧げ、
柳ヶ瀬の飲食業界に次々と斬新に命を吹き込む鬼才が、
次はどんな挑戦に出たのかと、
岐阜をこえて東京からも(約1名と遭遇 笑)と、
この日はたくさんの人々で店内が賑わっていた。


贅沢な空間と料理と演出、調理人のパフォーマンス、
生肉の展示と、岡田氏の手にかかれば、
瞬く間に新たに場の命が躍動しだし、
あれよあれよと人の心と胃袋を掴んでやまない。


この文化レベルが高く、勉強熱心で、
美しいものにことさらアンテナ力が高く、
ものすごく舌が肥えていて、
商売にとことん厳しい岐阜人を相手に生き残ることは、
寸分のごまかしも効かず、東京以上にむずかしいと
私は傍観させてもらっている。


野菜がみずみずしかった〜。
パスタも肉も魚もデザート、厳選されたワインに至るまで
すべてが満足!

二人の一流シェフにかかった料理が
盛り付け共々、とにかく素晴らしかった。

岐阜の田崎真也かとおぼわしきワインソムリエも
おいでで、様々な世界中のワインをブレンドして
飲ませていただきました。


ちょいちょい伺いたい魅力満載の空間でした!

超〜おめでとうございます&超ごちそうさまでした〜。


住所:岐阜市柳ケ瀬通り1-31 オアシス柳ケ瀬ビル1F
電話:058(215)1214
営業時間:11:30~15:00(o.s.14:00)
18:00~24:00(o.s.23:00)
定休日:水曜

https://www.facebook.com/enzayanagase/?fref=ts

#岐阜市
#外食費投資率日本一の街
#日本屈指の外食文化レベル
#岐阜の食べ歩き
#柳ヶ瀬
#炭火焼き
#炭火焼きイタリアン
#Enza

|

« 岐阜の関市は、なんで鰻で有名なん? | トップページ | サライ(小学館)2017年9月号発売中です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岐阜の関市は、なんで鰻で有名なん? | トップページ | サライ(小学館)2017年9月号発売中です。 »